mask

・せきはかぜでもっとも一般的な症状のひとつですが,2〜3週間以上続く場合は注意が必要です.

・原因としては感染症(マイコプラズマや百日咳など)によるもの,ぜん息などアレルギーを主体にしたもの,その他鼻の病気や消化管の病気などさまざまな病態が考えられます.
・まずは胸部X線(レントゲン)検査で肺炎,結核などの感染症,肺がんなどを否定する必要があります.必要に応じて血液検査や呼吸機能検査,耳鼻科や消化器科への紹介を行います.
・近年特に増えているのが「せきぜん息」という病気です.夜間・早朝,冷たい風,会話などが誘引となりせきが悪化するのが特徴です.一般的なぜん息と違いゼイゼイ・ヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)はありませんが,ぜん息の前段階ともいわれており正しい治療を行うことが大切です.

上記のような症状でお困りの方は ご相談下さい.